キラル分子が右手・左手の関係であるという説明は, 簡潔でありながら非常に分かりやすいものであった.
報じない用が説明とともに変化していくので見ていて飽きることがない.
教材として素晴らしいと感じた.