RIGHT:[[Open Lecture]]
#br
#br
CENTER:SIZE(24){ COLOR(red){ うさぎについて知ろう!} }
#br
#br
RIGHT:[[氏名>e14102@eve.u-ryukyu.ac.jp]]黄 智恩
----
CENTER:目 次

#contents
----
*ウサギ掲示板 [#ad287189]
#pcomment(,5,noname,below);

*うさぎについて [#p3d7fa09]
 
#ref(http://farm5.static.flickr.com/4068/4493478867_3cdb8798da_o.jpg)
#br
ウサギ(兎)は、最も広義にはウサギ目、狭義にはウサギ亜科もしくはノウサギ亜科Leporinaeの総称である。現在の分類では、ウサギ亜科はすべての現生ウサギ科をふくめるが、かつては一部を含めない分類もあった。ウサギ目はウサギ科以外に、ナキウサギ科と絶滅したプロラグスなどを含む。

★形態

全身が柔らかい体毛でおおわれている小型獣である。最大種はヤブノウサギで体長50〜76cm。毛色は品種改良もあって色も長さも多彩である。多くの種の体毛の色彩は、背面は褐色・灰色・黒・白・茶色・赤茶色・ぶち模様などで、腹面は淡褐色や白。
ほかの獣と比して特徴としては、耳介が大型なことが挙げられる。ウサギ目内では耳介があまり発達していない種でも、ほかの哺乳網の分類群との比較においては耳介比率が大きいといえる。音や風のするほうへ耳の正面が向くよう、耳介を動かすことができる。また、毛細血管が透けて見えるこの大きな耳介を風にあてることで体温調節に役立てるともいう。
目は頭部の上部側面にあり広い視野を確保することができ、夜間や薄明薄暮時の活動に適している。鼻には縦に割れ目があり、上部の皮膚を可動させることで鼻孔を開閉することができる。門歯は発達し、一生伸びつづける。かつてはこの門歯の特徴をもってネズミと同じ齧歯目の中に位置づけられていた。しかし、上顎の門歯の裏側に楔形の門歯があるものをウサギ目として独立した目分類がなされるようになった。計28本の歯を持つ。

かつてネズミの仲間と分類されていたように、肉食であるネコやイヌとは異なる点が多く、ウサギの足の裏には肉球はなく、厚く柔らかい体毛が生えている(ただし肉球のある種もある)。前肢よりも後肢が長く、跳躍走に適している。前肢の指は5本、後肢の趾は4本で、指趾には爪が発達する。体全体は丸みを帯び、尻尾は短い。
盲腸は長い。尿と糞は1つの穴(総排泄口)から排出する。

#br
#br
#br


**うさぎのキモチ [#u70939de]
#ref(http://pub.ne.jp/kaeru_yuki/image/user/1285577291.jpg)
#br
#br
#br
 ウサギは通常おとなしくて鳴き声もあまり出しませんが、良く観察すると分りますがウサギも感情や気持ちをしぐさ(仕草)や行動で表したりしています。

 ウサギのしぐさ(仕草)や行動がどういう意味をもっているのか知る事で、よりウサギと仲良く過ごせる事とおもいます。ウサギの個体差もあると思いますが、基本的なしぐさ(仕草)や行動は同じなので把握しておきましょう。

★尻尾振り

ウサギが犬の様に尻尾を振る仕草は、犬と同じで機嫌が良い時、または嬉しい時の仕草です。また、同じように機嫌が良い時、嬉しい時には尻尾振りのほかにジャンプするときもあります。他にも体をねじったりもします。

★足をダンダンと床を踏み鳴らす

ウサギのこの行動は「スタンピング」と呼ばれ、野生の仲間に危険を伝える時に踏み鳴らします。興奮状態の時にもスタンピングします。

★なめてきたり、鼻でクンクン突いてくる

飼い主と遊びたいとき、かまって欲しい時に、この仕草をします。甘えてくる状態なのでわかりやすい仕草ですね。こんな時は撫でてあげたり、一緒に遊んであげましょう。

★全身を伸ばして寝っころがる

おなかを床に着け横になっているのは、ウサギがリラックスしている状態です。リラックスしているのであくび等もします。

★耳を立てて後ろ足で立ち上がる

ウサギが何かを警戒していたり、何か気になる音を聞いたりした時にする仕草です。

***うさぎのミミ [#p0db06f6]
#ref(http://www.ravensburger.com/produktseiten/normal_q/07146_3.jpg)
☆ウサギの聴力

ウサギの耳はただ大きいわけでなくとても小さな音まで拾うことができます。体が小さく、狙われやすい為、敵が近づいてきたときの音を聞き逃さないようにしてきた進化のたまものなのです。後ろ足で立つのも周りの音を聞く為です。

☆ウサギの耳はあたたかい

犬は舌を出して体温調節をしていますが、ウサギは耳で体温の調節をしています。人間は汗をかいて体温を調節していますがウサギは汗をかきません。
どのように体温を冷やしていくかというと、耳が薄いのを利用して熱くなった血を耳に流して周囲の空気で血管を冷やして調節します。



**うさぎは糞を食べる?! [#t6314a4e]
★ウサギのフンが丸い理由
ウサギの糞が丸い理由は腸が数珠のような形になっている為、丸いフンになります。フンの切れを良くすることで無防備な時間を極力短縮しすぐに逃げれるようにする為です。草食動物に多い特徴です。

ウサギはフンを食べて栄養の取りこぼしを防いでいます。主食の草は固い繊維が多く消化がしづらいです。そこで一度おなかの中に通して微生物に分解と発行を助けてもらいます。そうすることで柔らかい便となり食べて栄養をしっかり蓄えます。牛と反すうと似た感じです。


*人気のウサギキャラクター、ミッフィー(ナインチェ)について [#t2fc033b]
#ref(http://pds.exblog.jp/pds/1/200706/18/80/d0061380_4231293.jpg)

ミッフィーはうさぎの女の子のキャラクターである。オランダのデザイナーブルーナが描いた絵本の主人公である。オランダ本国ではナイチェン・プアウスと呼ばれている。作者のブルーナは元々、オランダの抽象美術運動「デ・ステイル」の傾向を色濃く受け、単純明快な色とデザインによる書籍装丁などを手がけるデザイナーであった。

そして、当時は写実的な絵柄作りが当然とされていた絵本の挿し絵に、自分のデザインと同様の、単純で抽象化された線と原色の色遣いとを用いる手法を持ち込み、擬人化された子ウサギの主人公たちの日常を描写した新しいタイプの絵本を書き上げた。ブルーナはその主人公に、「ウサギ」を意味するオランダ語 konijn に接尾語 -tje (小さく愛らしいもの)を付けるなどして、 Nijntje という名前を与えた。これが、ナインチェの誕生である。

初期のナインチェは耳が横向きになっており、現在のものとはキャラクターデザインが異なる。1963年に耳が立ったデザインに改定され、改定後は輪郭が楕円形で耳が長く尖っていたが、年を追うごとに耳も輪郭も丸くなり、現在に至っている

#br
#br



----
*関連サイト [#f95ae577]
-[[http://usagi.siiku.info/]]

----



----
RIGHT:メールアドレスehdqkdtlsrl0427@gmail.com

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS