RIGHT:[[ProgI]]
*Report#5 [#zd0df279]
 次のプログラムは外部変数に定義され、初期化された10個のint型データの平均を求め、各データと平均との差を表示するプログラムである。&br;
 このプログラムを以下のような関数の翻訳単位にファイルを分け、同様な動作をするプログラムを作成せよ。
|型|関数名|引数・パラメータ|機能|戻り値|
|float|get_ave|なし|平均値を求め表示|平均値|
|void|print_data|配列の添字、平均値|1つのデータと平均値との差を求め表示|なし|
+プログラム
 /*
   program   : average.c
   comments  : 結合(linkage)を用いて、平均・差を求める。
 */
 
 #include <stdio.h>
 
 int score[10]={3,5,8,9,10,6,7,9,8,3};
 
 int main(){
   int   i;
   float ave = 0.0, dif;
 
   for(i=0; i<10; i++) ave = ave + (float)score[i];
   ave = ave / 10.0;
   printf("ave = %3.1f\n",ave);
   
   for(i=0; i<10; i++){
     dif = score[i] - ave;
     printf("score[%02d]=%2d  Difference from average = %4.1f\n",i,score[i],dif);
   }
   
   return(0);
 }
+実行結果
 ave = 6.8
 score[00]= 3  Difference from average = -3.8
 score[01]= 5  Difference from average = -1.8
 score[02]= 8  Difference from average =  1.2
 score[03]= 9  Difference from average =  2.2
 score[04]=10  Difference from average =  3.2
 score[05]= 6  Difference from average = -0.8
 score[06]= 7  Difference from average =  0.2
 score[07]= 9  Difference from average =  2.2
 score[08]= 8  Difference from average =  1.2
 score[09]= 3  Difference from average = -3.8

**考察事項 [#mbd1f05d]
-変数のスコープと記憶域クラスについて考察せよ。
-コンパイルは先週のmakeコマンドを用い、Makefileとともに実行可能ファイルが作成されるまでの実行結果を示すこと。
-同様な動作をするオリジナルのプログラムを作成してまとめてもよい。例)平均からの差でA,B,C,F等の評価の表示等
----
CENTER:[[Report#4>ProgI/Report-No.4]]<==>[[Report#6>ProgI/Report-No.6]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS