#MENU(ICT-Practice/2014/MenuBar)
RIGHT:[[ICT-Practice]]
#BR
CENTER:&size(28){情報科学演習(16組):2014年度};
CENTER:&size(12){課目番号:情01 : 講義終了まで、後 &color(red){ &countdown(2014,8,7); }; 日};
CENTER:&size(12){課目番号:情01 : 講義終了まで、後 &color(red){ &countdown(2014,8,14); }; 日};
#BR
RIGHT:[[谷口祐治>taniguchi@cc.u-ryukyu.ac.jp]]
----
LEFT:''目 次''

#contents
----
//*許可コード [#gdfa92a1]
//CENTER:&size(32){5cx8};
//----
#BR
CENTER:&size(16){''「大学は教えられに行くのではなく、学びに行くところ。」''};
#BR
-高校までの''“授業”''と、大学からの''“講義”''
--''“授業”'':業(わざ)を授けること。
--''“講義”'':「義(理論、意味、意義=学問)を、講ずる(説明する)こと。
-[[大学設置基準>http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S31/S31F03501000028.html]]

----
*講義アンケート 6/12 [#zc5193d6]
#vote(超、難しい[0],ちと難しい[0],普通[0],わりと簡単[0],超、簡単[0])
*講義アンケート [#zc5193d6]
//#vote(超、難しい[2],ちと難しい[1],普通[1],わりと簡単[0],超、簡単[1])
//#BR
#BR
#BR
|講義アンケートログ|h
|日付|超、難しい|ちと難しい|普通|わりと簡単|超、簡単|
|0612|0|0|0|0|0|
|0807|2|1|1|0|1|
|0731|0|2|4|0|0|
|0724|1|2|0|1|0|
|0717|1|2|1|1|0|
|0703|2|0|2|0|0|
|0626|0|1|2|0|0|
|0619|1|0|0|0|1|
|0612|1|0|0|0|0|
|0605|3|2|4|5|8|
|0529|3|1|6|1|4|
|0515|19|12|26|49|70|
|0508|6|2|8|1|49|
|0501|10|3|4|6|8|
|0417|33|3|5|3|33|

*Links [#u9d001d4]
-[[前年度講義Log>ICT-Practice/2013]]
-[[シラバス検索>https://sata.jim.u-ryukyu.ac.jp/webkyoumu/goKensaku!kensakuMenuMethod]]
-講義用Googleグループサイト:[[ICT活用リテラシー(ICT-Lit)>https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!forum/ict-lit]]
--グループメールアドレス(メーリングリスト):ict-lit@googlegroups.com
--グループ内RWスプレッドシート:[[ICTLit-RW>https://docs.google.com/spreadsheets/d/1IwmtS5O8Mca993HNnizgOHVV8LtATjkkL-sV2ZoQBsk/edit#gid=0]]
--グループ内Rスプレッドシート:[[ICTLit-R>https://docs.google.com/spreadsheets/d/1IqHtAie05o00E87kcbStSSq5gW8Oy3UpvQyLlDKYSN0/edit#gid=0]]
-e-larningシステム:[[WebClass:https://webclass.cc.u-ryukyu.ac.jp/]]
-インターネット用語辞典
--[[e-Words:IT用語辞典>http://e-words.jp/]]
--[[アスキーデジタル用語辞典>http://yougo.ascii24.com/]]
--[[Yahoo!コンピュータ用語辞典>http://computers.yahoo.co.jp/dict/]]
--[[日立システムアンドサービスIT用語辞典>http://ew.hitachi-system.co.jp/]]
--[[X-MEDIAパソコン用語事典>http://www.x-media.co.jp/jiten/]]
--[[辞書・辞典・用語大全>http://kyoto.cool.ne.jp/jiangbo/dictionary.htm]]

*講義計画&ログ [#oc38feb4]

**第1回(2014/04/17):ガイダンス&E-Mail [#a9c97280]
+講義概要・シラバス紹介
--practice! => 技能・技術を習得するために規則的に繰り返す練習
+コンピュータ?:プログラム(手順)に従って計算する機械の総称
--ユーザアカウント
---ユーザID(ユーザ名)&パスワード(パスフレーズ)
--ログイン(login)&ログアウト(logout):UNIX
---ログオン(logon)&ログオフ(logoff):Windows(マイクロソフト)
--サーバ・クライアント(クライアント・サーバ)システム
---サーバ(server):使える人、給仕する人…召使い、使用人…奴隷
---クライアント(Client):依頼人、顧客…追随・従属・依存する人
+E-Mail
--[[e-メールのマナー>NetGuidance/MailManners]]
--メール設定(Thunderbird):[[Thunderbirdの設定例>NetGuidance/Thunderbird]]
---[[総合情報処理センター版メール設定>http://www.cnc.u-ryukyu.ac.jp/mail_ssltls/]]
--[[琉球大学WebMail:https://webmail.cc.u-ryukyu.ac.jp/]]

**第2回(2014/04/24):附属図書館による情報検索入門 [#r844c49c]
-[[琉球大学附属図書館>http://www.lib.u-ryukyu.ac.jp/]]

**第2回(2014/05/01):ICTリテラシー [#t47f1c7a]
+情報化社会(ITからICTへ)のリテラシー
--ICTリテラシーの分類概念図:&ref(ICT-Practice/ICT-lit.pdf,,PDF);
+キーボード記号の読み方:&ref(ICT-Practice/r4keybord.pdf,,PDF);
--英数字・特殊記号の書き方:&ref(ICT-Practice/alnum.pdf,,PDF);
+[[タイピングの基礎>http://www.osnr.net/taniguchi/lecture/pdff/typewriting.pdf]]:※学内限定
+フォント(font):文字の形、書体
--等幅フォント:文字によらず、すべて同じ幅のフォント
--プロポーショナルフォント:文字によって文字幅が異なるフォント
+半角文字・全角文字 … 半角 m ・全角 m
--半角文字:主に英字・数字(Asciiコード)← 国際標準!
--全角文字:主に日本語漢字(※ 英字・数字の全角文字もあることに注意!)
+文字コード:文字や記号をコンピュータで扱うために、割り当てられた値(16進数)
--WindowsOS:Shift-JISコード
--MacintoshOS:UTF-8コード
--UNIX:EUCコード
--Misc.:ASCIIコード、JISコード、EBCDICコード、etc.
+日本語入力システム…日本語入力・かな漢字変換システム
--FEP(Front End Processer):先に処理する機構
---MS-DOS の時代
--IME(Input Method Editor):入力方法編集プログラム
---Microsoft社の MS IME から
--一般的には、IM(Input Method)
+テキスト・エディタ(エディタ)とワード・プロセッサ・ソフトウェア(ワープロソフト)
--エディタ:テキスト編集機能中心:文字情報(テキスト)のみのファイル、すなわちテキストファイルを作成、編集、保存するためのソフトウェア(プログラム)
---WinOS用:[[TeraPad>http://www.forest.impress.co.jp/library/software/terapad/]]
---MacOS用:[[CotEditor>http://sourceforge.jp/projects/coteditor/releases/]]
--ワープロソフト:文章の装飾機能を持つソフトウェア(プログラム)…Microsoft Word、一太郎
---Win・MacOS用:[[LibreOffice>http://ja.libreoffice.org/home/]]
---Win・MacOS用:[[Apache OpenOffice>http://www.openoffice.org/ja/]]
--その他:メモツール
---FreeMind:マインドマップ流メモ・思考ツール
+Googleサービス(Google Apps)
--Google利用規約:&ref(INSec/GooglePolicy.pdf,,PDF);
--[[Google Apps の使い方>http://www.appsupport.jp/category/]]
--Gmail:[[Googleアカウントの作成>https://www.google.com/accounts/Login]]
---Gmailのメールアドレスを取得すること!
--講義用Googleグループサイト:[[ICT活用リテラシー(ICT-Lit)>https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!forum/ict-lit]]
---グループメールアドレス(メーリングリスト):ict-lit@googlegroups.com
---グループ内RWスプレッドシート:[[ICTLit-RW>https://docs.google.com/spreadsheets/d/1IwmtS5O8Mca993HNnizgOHVV8LtATjkkL-sV2ZoQBsk/edit#gid=0]]
---グループ内Rスプレッドシート:[[ICTLit-R>https://docs.google.com/spreadsheets/d/1IqHtAie05o00E87kcbStSSq5gW8Oy3UpvQyLlDKYSN0/edit#gid=0]]

-Prac#1:Gmailアカウント取得〜5/8(Thu)迄
--Gmailアカウントで、講義用Googleグループ:[[ICT活用リテラシー(ICT-Lit)>https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!forum/ict-lit]]への参加を申込みしなさい。
--グループの共有ドキュメント「ICTLit-RW」シートPrac#1のユーザID行に、Gmailのメールアドレスとこの講義で学びたいことを書き込みなさい。

**第4回(2014/05/08):コミュニケーション・ツール〜eMail〜 [#u4aba23a]
+e-Mail
--[[e-メールのマナー>NetGuidance/MailManners]]
--表示名の例
---琉大太郎@情教B1
---@:at…場所・所属、B1:bachelor(学士)・1(学年)
--署名作成
---[[文字絵署名>http://iwa.bz/mo/]]
--メーリングリスト
---情報科学演習(16組)のメーリングリスト>p4info@osn.u-ryukyu.ac.jp
---[P4Info:0478]〜:通し番号を確認すること!
--メール設定(Thunderbird):[[Thunderbirdの設定例>NetGuidance/Thunderbird]]
+メールの基本書式
--1行目:氏名&あいさつ
--2行目〜:空白行を適宜挿入し、必要な箇所の引用
--最終行:署名(メール設定で自動的に付く)
--引用の場合
---引用後:引用に対して応えるメッセージ作成
---標題の先頭文字「Re:」とは略語では無くラテン語の[res」:「もの」という意味。「regarding」と読み上げ、日本語では「についての」という意味です。

-Prac#2:メール送信&引用返信〜5/15(Thu)迄
++Thunderbirdの設定確認
++ユニークな著名を作成
++講義用メーリングリスト(p4info@osn.u-ryukyu.ac.jp)への正しい引用返信
++講義用メーリングリスト(p4info@osn.u-ryukyu.ac.jp)への送信

**第5回(2014/05/15):コミュニケーション・ツール〜Webページ〜 [#abe33f2b]
+[[コンピュータの基本概念>CompGuidance]]
+[[Windowsキーボードショートカットキー>http://www.microsoft.com/japan/enable/products/keyboard/default.mspx]] from MicroSoft
--[[ショートカットキー>http://www.osnr.net/taniguchi/lecture/pdff/ShortCutKey.pdf]]:※学内限定
+ファイル名と拡張子…ちょっとした秘密文書
--ファイル名の始まり:英数字(8文字)+.(dot)+拡張子(3文字)
--拡張子の例
---avi(動画)
---jpg(画像)
---wav(音声)
---dll(システム)
---txt(テキスト)
---htm(Webページ)
---html(Webページ)
---doc(MS-WORD文書)
---docx(MS-WORD2007文書)
---xls(MS-EXCEL文書)
---xlsx(MS-EXCEL2007文書)
---ppt(MS-PowerPoint文書)
---pptx(MS-PowerPoint2007文書)
--拡張子の表示ON/OFF(Windows7)
---任意のフォルダクリック→Explore表示
---「整理」-「フォルダーと検索のオプション」
---「表示」の詳細設定
---「登録されている拡張子は表示しない」-チェックON/OFF
+Webでの情報公開…個人情報に厳重注意!

-Prac#3:オリジナルでユニークな、Wikiサイトの作成〜5/29(Thu)迄
++各自、左メニューから自分のユーザID右横の"?"をクリックして、自分のユーザIDを名前とした新しいページを作ってみましょう! 雛形としてABC-Sampleを選んでから読込、それを「ヘルプ」を参照しながら加工してみるのが良いでしょう。~
++内容については自由とします。例えば、この授業の学習履歴、自分の趣味のリンク集等を作ってみてください。
++最初に取り込んだ「雛形」の痕跡を残さないよう、オリジナルなものに書き換えてください。

**第6回(2014/05/29):SNS(Social Networking Service) [#h74b20b6]
+chatとIRCから今はSNS
--chatとは、ネットワークを介してリアルタイムにメッセージを交換すること。
--IRC(Internet Relay Chat・Conference)とは、インターネットやイントラネットなどのネットワーク上で、テキストをリアルタイムに交換することができるチャットシステムのこと。
+SNS(Social Networking Service)
--mixi,Facebook,Line,Twitter,misc.
--[[ema(モバイルコンテンツ審査・運用監視機構):http://www.ema.or.jp/evaluation/index.html]]
--twitterとFacebookのプライバシー
+[[インターネット・アプリケーション>NetGuidance/INetApps]]

-Prac#4:SNS(Facebook)への登録〜6/5(Thu)迄
++〜@eve.u-ryukyu.ac.jp(琉球大学公式メールアドレス)でFacebookへ登録しなさい。
---このメールアドレスで登録するFacebook情報には、実名登録してください。就活用です。
---公開ブループ P4Info2014 に参加してください。
---私(谷口祐治)を友だちに登録してください。
++講義中に説明するプライバシー設定には注意すること!

**第7回(2014/06/05):情報記録(アナログとデジタル) [#ab497a0e]
+情報活用のための記録
+アナログ・媒体(メディア)
--原始媒体(紙)
---用紙(メモ、レポート)
---ファイリング(クリアファイル、フラットファイル、バインダー)
--筆記具
---鉛筆、メカニカルペン(単一、複合)、ボールペン(油性・水生)、万年筆
--思考の記述(メモ)
+デジタル・媒体(メディア)
--パーソナルコンピュータ(アプリケーションソフトウェアの活用)
---軽い:エディター([[TeraPad>http://www.forest.impress.co.jp/library/software/terapad/]])
---重い:ワードプロセッサー(MS-Word)での印刷
--携帯メモ、PDA
--[[マインドマップ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97]]
---FreeMind
+ハードウェアの歴史
--[[「コンピュータの誕生」MEMO:http://www.osn.u-ryukyu.ac.jp/taniguchi/lecture/doc/comp-hist.doc]]:MS-Word(※学内アクセスのみ)
---コンピュータの歴史&CPUの誕生:&ref(ICT-Practice/comp-cpu.pdf,,PDF);
---Link → [[最初のコンピュータ>http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/history/firstcomputer.html]]
---1942:ABC → 1943:コロッサス → 1946:ENIAC → 1948:The Baby → 1949:EDSAC
--[[CPUの歴史:http://www.osn.u-ryukyu.ac.jp/taniguchi/lecture/doc/cpu-hist.doc]]:MS-Word(※学内アクセスのみ)
+教材ビデオ
--[[「Apple I」:http://www.osn.u-ryukyu.ac.jp/lecture/inside/apple1.wmv]]
--[[「コンピュータの誕生」:http://www.osn.u-ryukyu.ac.jp/lecture/inside/acomp.wmv]]
--[[「ネットワークの成立」:http://www.osn.u-ryukyu.ac.jp/lecture/inside/anet.wmv]]
---[[ネットワーク資料:http://www.osn.u-ryukyu.ac.jp/taniguchi/lecture/doc/Net-2P.pdf]]:PDF(※学内アクセスのみ)

-Prac#5:マインドマップ流のメモ〜「コンピュータの誕生」本日中
--「コンピュータの誕生」を視聴し、マインドマップ流のメモを配布したA4レポート用紙に作成しなさい。

**第8回(2014/06/12):文書・ワードプロセッサ [#pada1da6]
**第8回(2014/06/12):思考ツールMindMap [#p4de4111]
+形式知から暗黙知へ
+MindMap
--FreeMind

-Prac#6:FreeMindによるイメージ図(PDF)提出:本日中
--イメージ図の内容は自由。例:自己紹介、趣味、学びたいこと等
--作成したPDFを、ファイル名をユーザIDとし、e-larningシステム:[[WebClass:https://webclass.cc.u-ryukyu.ac.jp/]]の本講義コース-Prac#6へ提出すること。 


**第9回(2014/06/19):文書・ワードプロセッサ [#pada1da6]
+ワードプロセッサ(Word processor):コンピュータで文字を入力、編集、印刷できるシステム=ワープロ(ワープロ専用機と、PCで動作するワープロソフトがある)
+代表的なワープロソフト
--一太郎(ジャストシステム)
--Microsoft Word(マイクロソフト)
--Apache OpenOffice(フリーウェア)
--LibreOffice(フリーウェア)
+MS-Word2007
--[[事務文書の書き方:http://www.osn.u-ryukyu.ac.jp/taniguchi/lecture/doc/bun01.pdf]]:PDF(※学内アクセスのみ)
--[[総合演習問題(基礎):http://www.osn.u-ryukyu.ac.jp/taniguchi/lecture/doc/WordBsc1.zip]]:zip形式(※学内アクセスのみ)
--表紙、目次、本文Tips
---[[PlanetWord文書(2段組):http://www.osn.u-ryukyu.ac.jp/taniguchi/lecture/doc/planet.doc]]:MS-Word文書(表紙・目次・本文)(※学内アクセスのみ)
---[[PlanetText文書:http://www.osn.u-ryukyu.ac.jp/taniguchi/lecture/doc/planet.txt]]:Text文書(※学内アクセスのみ)
---[[Word-様々なページ番号の設定方法>http://support.microsoft.com/kb/837461/ja]]
+MicrosoftOffice2010
+Microsoft Office
--Microsoft Office:2003→2007→2010→2013…
---Word,Excel,PowerPoint,Outlook,One Note,Access,Publisher,Info Path,…
--表紙、目次、本文Tips
---[[PlanetWord文書(1段組):http://www.osn.u-ryukyu.ac.jp/taniguchi/lecture/doc/planet.docx]]:MS-Word文書(表紙・目次・本文)(※学内アクセスのみ)
--[[MS-Word]]
+情報リテラシー入門編
--[[実習データ:http://www.osn.u-ryukyu.ac.jp/taniguchi/lecture/doc/InfoLit.zip]]:zip形式(※学内アクセスのみ)

-Prac#6:機種依存文字(6/19迄)
--使ってはいけない文字・機種依存文字について調べ考察せよ。併せて、レポートの書き方、まとめ方について具体的に工夫した点等を述べよ。レポートはMS-Word、ファイル名はユーザIDで作成し、e-larningシステム:[[WebClass:https://webclass.cc.u-ryukyu.ac.jp/]]の本講義コース-Prac#6へ提出すること。 
-Prac#7:機種依存文字(6/26迄)
--使ってはいけない文字・機種依存文字について調べ考察せよ。併せて、レポートの書き方、まとめ方について具体的に工夫した点等を述べよ。レポートはMS-Word、ファイル名はユーザIDで作成し、e-larningシステム:[[WebClass:https://webclass.cc.u-ryukyu.ac.jp/]]の本講義コース-Prac#7へ提出すること。 
--[[レポートの書式:http://www.osn.u-ryukyu.ac.jp/taniguchi/lecture/pdf03/rep-form.pdf]]:PDF(※学内アクセスのみ)

**第9回(2014/06/19):表計算・スプレッドシート [#ae2056c1]
**第10回(2014/06/26):表計算・スプレッドシート [#ae2056c1]
+圧縮と解凍
--ファイルの圧縮:ファイル内容を置き換えて保存形式を変更し、ファイルサイズを減らすこと。
---圧縮すること:アーカイブ(書庫)
---圧縮したファイル:アーカイブファイル
--ファイルの解凍:圧縮されたファイルを元に戻すこと。
+表計算ソフト:数値データの集計・分析に用いられるソフトウェア
--表形式のデータ=スプレッドシート(SpreadSheet)
+代表的な表計算ソフト
--Microsoft Excel(マイクロソフト) 
--Apache OpenOffice(フリーウェア)
--LibreOffice(フリーウェア)
--Lotus 1-2-3(ロータス)
+MS-Excel2007
--[[総合演習問題(基礎):http://www.osn.u-ryukyu.ac.jp/taniguchi/lecture/doc/ExcelBsc1.zip]]:zip形式(※学内アクセスのみ)
--[[スケジュールサンプル:http://www.osn.u-ryukyu.ac.jp/taniguchi/lecture/doc/schedule.xls]]:MS-Excel文書(※学内アクセスのみ)
+MicrosoftOffice2010
+Microsoft Office
--[[MS-Excel]]

-Prac#7:実習したMS-Excelファイル提出:本日中 
--今日実習したMS-Excelファイル全てをZIP形式でまとめて圧縮し、ファイル名をユーザIDとし保存し、e-larningシステム:[[WebClass:https://webclass.cc.u-ryukyu.ac.jp/]]の本講義コース-Prac#7へ提出すること。
-Prac#8:実習したMS-Excelファイル提出:本日中 
--今日実習したMS-Excelファイル全てをZIP形式でまとめて圧縮し、ファイル名をユーザIDとし保存し、e-larningシステム:[[WebClass:https://webclass.cc.u-ryukyu.ac.jp/]]の本講義コース-Prac#8へ提出すること。

**第10回(2014/06/26):プレゼンテーション [#g4573e6a]
**第11回(2014/07/03):プレゼンテーション [#g4573e6a]
+プレゼンテーション(Presentation):情報伝達手段の一種。聴衆に対し情報、企画、提案を提示して説明する行為=プレゼン
--プレゼンテーションソフトウェア:スライドショー形式で情報を表示するためのソフト
--プレゼンテーションTOOL(OHP、CCDカメラ、プロジェクター & コンピュータ、紙) 
--プロジェクターと紙のプレゼンテーション
---紙:A4(297+210mm)サイズのプレゼンテーション・シート作成が主!
+代表的なプレゼンテーションソフト
--Microsoft PowerPoint(マイクロソフト) 
--Apache OpenOffice(フリーウェア)
--LibreOffice(フリーウェア)
--Keynote(Apple) for Mac
+Microsoft Office
--[[MS-PowerPoint]]

-Prac#8:ICT活用のイメージ図(PowerPointシート1枚)提出:本日中
-Prac#9:ICT活用のイメージ図(PowerPointシート1枚)提出:(7/17迄)
--あなたの専門を活かすICT活用のイメージ図を作成しなさい。
--様々な情報を盛り込み、最終的にカラー印刷A4・1枚の資料として全体イメージが十分に把握できるように留意すること。
--作成したPowerPoint文書を、ファイル名をユーザIDとし、e-larningシステム:[[WebClass:https://webclass.cc.u-ryukyu.ac.jp/]]の本講義コース-Prac#8へ提出すること。 
--作成したPowerPoint文書を、ファイル名をユーザIDとし、e-larningシステム:[[WebClass:https://webclass.cc.u-ryukyu.ac.jp/]]の本講義コース-Prac#9へ提出すること。 

**第11回(2014/07/03):思考ツールMindMap [#ra3d3ba7]
**第12回(2014/07/10):Webページの基礎 [#o5aa7cfd]
**第13回(2014/07/17):インターネット社会のルール&マナー [#c195282d]
**第14回(2014/07/24):インターネット社会の安全対策 [#o1754cbd]
**第15回(2014/07/31):振り返り(リフレクション) [#pe6dde9c]
**第16回(2014/08/07):最終評価 [#y8633bda]
**第12回(2014/07/17):Webページの基礎 [#o5aa7cfd]
-Webページ…高校教科「情報」
--ホームページ…日本での一般的な呼び方、NHKも使用
---HPとの表記?
---HP(hp)は、Hewlett-Packard Development Company の商標
--ウェッブ・サイツ(Web Sites)…国際的な標準
---ポータルサイト(portal site)…入り口のページ・サイト
-Webページの基礎
--テキストエディターによるWebページ作成
--[[Webページの基礎>NetGuidance/WebPage]]

-Prac#10:Webページの公開:本日中
--今日の授業で作成した、Webページを公開しなさい。

**第13回(2014/07/24):インターネット社会のルール&マナー・コンプライアンス [#c195282d]
-コンプライアンス=『法令遵守』
--→リスク回避のための環境整備!
--資料:&ref(ICT-Practice/INSecLow.mm,,freemind);
--資料:&ref(ICT-Practice/INSecLow.pdf,,PDF);
-ネチケット(ネットワーク+エチケット)
--情報倫理デジタルビデオ小品集
--e-larningシステム:[[WebClass:https://webclass.cc.u-ryukyu.ac.jp/]]

-Prac#11:FreeMindによる講義ノート(PDF)提出:本日中
--FreeMindにより作成したPDFを、ファイル名をユーザIDとし、e-larningシステム:[[WebClass:https://webclass.cc.u-ryukyu.ac.jp/]]の本講義コースで提出すること。

**第14回(2014/07/31):インターネット社会の安全対策 [#o1754cbd]
-Reference
--[[仮想通貨-Bitcoinの国別流量をリアルタイム視覚化サイト>http://fiatleak.com/]]
--[[ビットコイン情報,投資,採掘,取引>http://www.bitcoin-info.com/]]
-インターネット社会の安全対策
--資料:&ref(ICT-Practice/INSec2014a.mm,,freemind);
--資料:&ref(ICT-Practice/INSec2014a.pdf,,PDF);
-インターネット社会の脅威・インシデント
--資料:&ref(ICT-Practice/Incident2013.mm,,freemind);
--資料:&ref(ICT-Practice/Incident2013.pdf,,PDF);

-今日の講義のFreeMindによる講義ノートを作成すること。
--来週の最終実習Plac#Fine!で使用するので、各自でFreeMindファイルとして保存しておくこと。
-授業評価(共通教育科目)

-Prac#12:INFOSS情報倫理:速習版修了テスト…8/6(Wed)まで
--教材はe-larningシステム:[[WebClass:https://webclass.cc.u-ryukyu.ac.jp/]]の本講義コースにあります。
--INFOSS情報倫理2013年度版テキスト(速習版)を学習しなさい。← 学習回数チェック
--その後、INFOSS情報倫理速習版-修了テストを行いなさい。← 回数・得点チェック

**第15回(2014/08/07):振り返り(リフレクション) [#pe6dde9c]
-リフレクションシート作成:評価対象(内容)
-Plac#Fine!:FreeMindによるリフレクションシート作成…今日中
--前回の「インターネット社会の安全対策」と、これまで本講義で学んできたことを振り返り、FreeMindを用いて学びをまとめなさい。
--作成したFreeMindファイルを、ファイル名をユーザIDとし、e-larningシステム:[[WebClass:https://webclass.cc.u-ryukyu.ac.jp/]]の本講義コースで提出すること。
-暫定評価公開

**第16回(2014/08/14):最終評価 [#hb386bef]
-評価調整・相談

----
RIGHT:taniguchi@cc.u-ryukyu.ac.jp


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS