Report#1

  1. printf()関数による標準出力
    1. 例題 hello.c
      /*
        Program    : hello.c
        Student-ID : 055770A
        Author     : TANIGUCHI,Yuji
        UpDate     : 2005/04/21(Thu)
        Comment    : Used Easy Function printf()
      */
       
      #include <stdio.h>
       
      int main(){
       
          printf("Hello, C World!\n");
       
          return(0);
      }
    2. 例題を参考に次のように出力および考察せよ。
      1. 出力するメッセージを変更せよ。
      2. 同じメッセージを3回、別々の行に出力せよ。
      3. 「Hello,」と「C World!」を別々の行に出力せよ。
      4. printf("…")とprintf("…\n")の違いについて述べよ。
      5. 同じメッセージを3回、同一行に出力せよ。
      6. 次のような菱形模様(「*」を用いる)を出力せよ。
          *
         ***
        *****
         ***
          *
      7. 「*」を用いて、自分の好きな形を出力せよ。
      8. テキストPP.50【特殊な文字(エスケープシーケンス)】について考察せよ。
      9. エラーについて考察せよ。
      10. 英数字、特殊記号を手書きで書き出せ。

留意点

  • 問題をしっかり把握してください! 特に「テキストPP.50【特殊な文字(エスケープシーケンス)】」については、プログラムリストと実行結果を示し、考察してください。
  • エラー表示のメッセージをしっかり読んでください! 宇宙語ではないのですから、読んでその意味を理解することが大切です。
  • 自分で考え予想されたことについては、必ずプログラムを作成し実行結果を示し、解説・考察してください。
  • 自分で考えたこと…考察したことを「レポートの中で表現し、明らかにする」ことが大切です。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-20 (月) 15:22:24 (1584d)