プログラミングI(2014年度)
課目番号:情105 : 講義終了まで、後 0
 

目 次

 
「大学は教えられに行くのではなく、学びに行くところ。」
 
  • 高校までの“授業”と、大学からの“講義”
    • “授業”:業(わざ)を授けること。
    • “講義”:「義(理論、意味、意義=学問)を、講ずる(説明する)こと。
  • 大学設置基準

Links

講義アンケート

講義アンケートログ
日付超、難しいちと難しい普通わりと簡単超、簡単
073111000
072410000
071730000
071000000
0703270010
0626160000
061920000
0612195113
060530000
0529165001
051500010
0508130004
0501227101
 

レポートのまとめ方

  • プログラムのソースコードと実行結果は、必ずコピー&ペーストでレポートに貼り付けること。
  • 英数字については、必ず等幅フォントを用いること。
  • レポート全般については、必ず箇条書きでまとめること。
  • 問題、ソースコード、実行結果、考察の順でまとめるのを基本とするが、考察については適宜書き込んでも構わない。
  • 考察で予測された事について、実行結果を示せるものは、必ず具体的に実行結果を貼り付けて証明すること。
  • ページ番号を付ける時は鏡(表紙)、目次からではなく、問題文のページから付けること。

講義計画&ログ

第0.1回(2014/04/17):Mac Book Pro 環境設定

第0.2回(2014/04/24):Mac Book Pro 環境設定

第1回(2014/05/01:4校時):講義概容 & ICTリテラシー

  1. 座席を下記の座席表のように、指定します…2週間のみ。
  2. ICTリテラシー
  3. Googleアカウント
    1. Gmail Googleアカウントの作成
    2. Gmailのメールアドレスを取得すること!
  4. 講義用Googleグループ:プログラミングI(Prog-G)
  • Prac#0:Gmailアカウント取得〜今日中
    1. 講義用Googleグループ:プログラミングI(Prog-G)へ参加申込みしなさい。
    2. グループの共有ドキュメント「ProgC-RW」の自分のユーザIDの行に、この講義で学びたいことを書き込みなさい。

第2回(2014/05/01:5校時):コンパイラとC言語、標準出力 →R#1

  1. コンピュータガイダンス
    1. コンピュータの基本概念
  2. プログラム・プログラミングとは?
  3. UNIXコマンド
    • ls, ls -l, pwd, cd, mkdir, cp, mv, rm …
  4. C言語(文字列の標準出力)
    • #include <stdio.h>
      
      int main(){
      
          printf("Hello World!\n");
      
          return(0);
      
      }
      
    • #include <stdio.h>
      
      int main(){
      
          puts("------------------------ Start");
      
          printf("Hello World!\n");
      
          puts("------------------------ E n d");
      
          return(0);
       
      }
      
  5. コード作成 -> コンパイル -> 実行
  6. プログラミングレポートの書式:※学内限定

Report#1:標準出力:締切{〜5/15(Thu)14:40}

第3回(2014/05/08:4校時):プログラム言語

  1. 遠隔教育(e-Learning)
  2. 児童向けプログラミング言語
    1. スクイーク
    2. スクラッチ(Scratch 1.4)でのプログラミングに挑戦!

第4回(2014/05/08:5校時):C言語特有の演算子

  1. C言語の基礎:※学内限定
    1. 関数の集合体
    2. printf関数:※学内限定
  2. フローチャート
  3. 演算子練習問題

第5回(2014/05/15):コンピュータ内部データと基数 →R#2

  1. コンピュータの内部データ
    1. データと基数:※学内限定
    2. 数値のコンピュータ内表現:※学内限定
    3. 数の上限・下限?
      1. 整数値の限界

Report#2:基本演算子:締切{〜5/29(Thu)14:40}

  • Report#2考察 & チェック
    • プロセス:十分な場合分けであるか?
    • 出力:出力表示は見やすいか?
    • プログラムにムダなコードはないか?
    • 分かりやすいプログラムか?

第6回(2014/05/29):制御文、文字コード →R#3

  1. 入出力関数
  2. #define(文字列の置き換え)
  3. 真(TRUE)と偽(FALSE)
    • 閏年のベン図
  4. 制御文

Report#3:制御文:締切{〜6/12(Thu)14:40}

第7回(2014/06/05):文字コード変換(暗号化・復号) →R#4

  1. 関数:main関数・標準ライブラリ関数とユーザ定義関数
    1. 関数定義
    2. 関数のパラメータ・引数
    3. 関数の戻り値

Report#4:暗号:締切{〜6/19(Thu)14:40}

第8回(2014/06/12):MakeとMakefile&インターネット・アプリケーション

  1. MakeとMakefile
    1. makeコマンド

第9回(2014/06/19):変数のスコープと記憶域クラス →R#5

  1. 変数のスコープ(有効範囲)
    1. 関数、ファイル、ブロック
    2. 記憶域クラス
    3. メモリ領域
      1. プログラム、静的、スタック、ヒープ
  2. 変数のScope

Report#5:分割コンパイル:締切{〜7/3(Thu)}

  • レポートは全て一つのpdfとして作成すること。
  • ファイル名を「ユーザID.pdf」とし、必ず拡張子「.pdf」を付けること。
  • e-larningシステム:WebClassの本講義コース-Report#5へ提出すること。

第10回(2014/06/26):ポインタI

  1. ポインタ
  2. 構造体(struct)
  3. 共用体(union)
    1. 値とアドレス

第11回(2014/07/03):ポインタII →R#6

  1. コマンドラインパラメータ

Report#6:コマンドラインパラメータ:締切{〜7/17(Thu)}

  • レポートは全て一つのpdfとして作成すること。
  • ファイル名を「ユーザID.pdf」とし、必ず拡張子「.pdf」を付けること。
  • e-larningシステム:WebClassの本講義コース-Report#6へ提出すること。

第12回(2014/07/10):ポインタとアドレス →R#7

  1. ポインタとアドレス問題(2009年度までの試験問題)

Report#7:ポインタとアドレス:締切{〜7/24(Thu)}

  • レポートは全て一つのpdfとして作成すること。
  • ファイル名を「ユーザID.pdf」とし、必ず拡張子「.pdf」を付けること。
  • e-larningシステム:WebClassの本講義コース-Report#7へ提出すること。

第13回(2014/07/17):リスト構造 →R#8

  1. 基数変換とSORT

Report#8:基数変換とSORT:締切{〜7/31(Thu)}

  • レポートは全て一つのpdfとして作成すること。
  • ファイル名を「ユーザID.pdf」とし、必ず拡張子「.pdf」を付けること。
  • e-larningシステム:WebClassの本講義コース-Report#8へ提出すること。

第14回(2014/07/24):総合演習

  1. Report作成対応等

Plac#Fine!:FreeMindによるリフレクションシート作成…7/31(Thu)まで!

  • これまで本講義で学んできたことを振り返り、FreeMindを用いて学びをまとめなさい。
  • 作成したFreeMindファイルを、ファイル名をユーザIDとし、e-larningシステム:WebClassの本講義コース-Prac#Fine!へ提出すること。 

第15回(2014/07/31):振り返り(リフレクション)

  1. Report作成対応等

第16回(2014/08/07):最終評価

  1. 最終レポート受付
  2. 8/13(Wed)まで評価調整可…評価の確定は8/14(Thu)

C言語課題予定

  1. printf()関数による標準出力
  2. scanf()関数による標準入力と基本演算子
  3. 条件判断、ASCIIコード表
  4. 文字コード変換、暗号化・復号化
  5. 変数のスコープと記憶域クラス
  6. コマンドラインパラメータ
  7. ポインタとアドレス
  8. 基数変換とSORT


添付ファイル: fileProgCseat.pdf 128件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-28 (木) 12:25:09 (1547d)