機能和声について 那須野 太郎
                      

概念

ベートーヴェンの時代の音楽を基にして出来たもので、音楽の和音進行の基本的な部分である。和声の授業で、音大生は特に、ほぼ必ずと言って良いほど授業に組み込まれ、基本的な和音進行を理解させられる。


TDS

基本的に、 T(トニック)D(ドミナント)S(サブドミナント)の三種類が現代の音楽においても基本とされる。

T

Tは、主和音の役割であり、気困任△襦2山擇如一度終止する時に使われる。困能止した場合、偽終止とよばれ、終止はするもののまだなにかがあるような、余韻を残す事が出来る。

D

Dは、主音からみて五つ目の音(属音)を根音とした和音。Dがきた場合Tに戻りたがる性質が強いため、かならずDが来た場合D→Tと進む。進行として見たとき、音楽に大きな推進力を作るのがDの和音である。 Dは、主音からみて五つ目の音(属音)を根音とした和音。Dがきた場合Tに戻りたがる性質が強いため、かならずDが来た場合D→Tと進む。進行として見たとき、音楽に大きな推進力を作るのがDの和音である。

S

TとDだけでも進行としては可能だが、単純すぎて馬鹿っぽくなる。そこで途中で緩衝材をいれてもうちょっと聴きやすく、自然な流れを作るために、Sが存在する。 Sは兇犬任△蝓Iー垢板樟椰聞圓垢襪里皸くないが、唐突すぎる場合があるため、 機辞供辞垢氾喘罎豊兇鯑れる事により自然な感じに流れる。また、機辞検辞気筺↓機辞検辞困箸いと、アーメン終止と呼ばれ、ミサ曲なんかで出てくるが、機辞后辞気茲蠅盻世蕕くする事が出来る Sは兇犬任△蝓Iー垢板樟椰聞圓垢襪里皸くないが、唐突すぎる場合があるため、 機辞供辞垢氾喘罎豊兇鯑れる事により自然な感じに流れる。また、機辞検辞気筺↓機辞検辞困箸いと、アーメン終止と呼ばれ、ミサ曲なんかで出てくるが、機辞后辞気茲蠅盻世蕕くする事が出来る

実際の進行

たとえば名護パイナップル園のテーマソングのサビは、ほぼ気鉢垢靴出てこない。あえて単純な感じを生かすためにそうしているのだろうか。  機辞供辞后辞気筺↓機辞検辞后辞機↓機辞供辞后辞困覆鼻TDSの役割に沿っていれば、色々な進行が作られる。音楽初心者や、コードの知識があまりない人が有名どころ(久石譲など)を演奏する場合、間違ったコード(機能としては合っているが)で演奏している場合がある。わかる人にはすぐ分かるので、恥をかく前に辞めるべきである。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-21 (金) 10:10:45 (403d)