ミュージカル
 
 

目 次

私のWebサイト


Links

これだけは覚えよう!

PukiWiki テキスト整形の基本的ルール

見出し [snrsss]

*  オペラ座の怪人
** レ・ミゼラブル
***ノートルダムの鐘

 行頭で * を記述すると、見出しになります。見出しは *、**、*** の3段階あります。

目次

#contents

 

オペラ座の怪人

----『オペラ座の怪人』(オペラざのかいじん、フランス語: Le Fantôme de l'Opéra)は、フランスの作家ガストン・ルルーによって1909年に発表された小説

 

あらすじ

  19世紀後半パリ・オペラ座の地下には人知れず音楽の才能豊かな怪人が住み着いていた。醜く生まれついた怪人は、母親からも愛された事はなく、嫌われ迫害され続けた末に罪を犯し、オペラ座の地下に逃げ込んで、仮面をつけて孤独に暮らし続けて来たのであった。怪人は若いコーラスガールのクリスティーヌ・ダーエに恋をしており、劇場側を脅迫してクリスティーヌに主役を歌わせた。怪人の思惑通りクリスティーヌは大成功を収めたが、舞台終了後に幼なじみのラウルと再会し、恋に落ちてしまった。その夜、怪人はクリスティーヌを楽屋からさらって地下の隠れ家に連れて行った。そこでクリスティーヌは仮面の下に隠された怪人の化け物のような醜い顔を見てしまった。怪人は怒り狂うが、クリスティーヌはその怒りの中に孤独にあえぐ哀れな魂を感じ取った。

 幼くして孤児となったクリスティーヌは姿を見せずに闇から語りかけ、音楽を教えてくれる怪人を音楽の天使だと思い、慕い続けてきた。しかし怪人が自分に恋をしており、妻として地下の闇の世界に引きずり込もうとしている事を知って、怪人を恐れるようになった。そうは言っても、長年親しみ続けた怪人の音楽はクリスティーヌの頭から離れる事はなく、怪人に囁きかけられれば、催眠術にでもかかったように怪人の下へ引き寄せられてしまう。クリスティーヌの心は揺れ動き、ラウルはそんなクリスティーヌを守ろうとして、怪人と戦い始めた。

 ラウルとの戦いにしびれを切らした怪人はオペラ座を炎上させ、その混乱の中で隠れ家へとクリスティーヌをさらって行き、無理やり妻にしようとした。ラウルは隠れ家を探し当てるが、クリスティーヌの目の前で首にロープをかけられてしまった。怪人は、「この男を助けたければ自分の言いなりになれ。」とクリスティーヌを脅迫した。クリスティーヌはそんな怪人に嫌悪感すら感じたが、同時にそこまで醜く歪んでしまった怪人の孤独な魂を何とか助けてやりたいと思った。そして自分の怪人への愛情を示すため、怪人に歩み寄って、誰もが忌み嫌ったその醜い顔を正視しながら二度接吻した。クリスティーヌの愛は怪人の心を動かした。怪人は復讐や執着を捨て去って二人を解放し、隠れ家を立ち去るように命じた。

 事件の後、怪人は姿をくらまし、クリスティーヌはオペラ座を引退してラウルと結婚した。そして長い年月が流れ、クリスティーヌはこの世を去った。しかし怪人のクリスティーヌへの愛は色褪せる事なく、その愛を紅い薔薇に託してクリスティーヌの墓を彩り続けた。

#br

 

レ・ミゼラブル

『レ・ミゼラブル』(フランス語: Les Misérables)は、ヴィクトル・ユーゴーが1862年に執筆したロマン主義フランス文学の大河小説。

あらすじ

フランス革命後、王政が復活した1815年、飢えた妹の子どものためにパンを1つ盗み、20年の刑に受けていたジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年目にして、仮釈放となった。しかし、バルジャンの身分証には「危険人物」の烙印が押され、仕事を得ることもできなかった。

披露と飢え、暴行受け、バルジャンが教会の前で倒れていると、司祭から声を掛けられた。バルジャンは客人として迎えられ、暖かい食事と、ベッドを与えられる。しかし、夜、バルジャンは、教会の銀の食器を盗み、逃亡する。逮捕されたバルジャンだったが、司祭は「食器は彼に与えたものだ」と警官に告げる。さらには、銀の蜀台をバルジャンへ与えた。

バルジャンは、恥を知り、生まれ変わることを決意。身分証を破り捨て、仮釈放に伴う毎月の出頭(身分証に確認印を押す)も止めることとした。

1823年、バルジャンは、貧者の味方と尊敬される市長になっていた。そのバルジャンのもとに、新たに署長に就任したジャベールが着任の挨拶にやってくる。そこでジャベール(ラッセル・クロウ)は、バルジャンの面影から、彼の過去に疑惑を抱く。

一方、バルジャンの作業所で働く貧しい娘・ファンテーヌ(アン・ハサウェイ)は、男に捨てられ、幼い娘コゼットを宿屋の夫婦に預けていた。宿屋からの「金を送れ」という手紙を同僚の女たちに取り上げられ、騒動となる。バルジャンは、穏便に収めるよう工場長に命じて立ち去ったが、自分たちまで職を失うことを恐れた作業員の女性たちがファンテーヌの解雇を要求し、工場長はファンテーヌを解雇してしまう。

ファンテーヌは、髪の毛、奥歯を売り、娼婦に身をやつしていた。娼婦街で、ある男がファンテーヌをからかい、ファンテーヌが男を突き飛ばす。ジャベールの警官隊が通りかかり、男はファンテーヌに襲われた、と主張。ジャベールはファンテーヌを逮捕しようとするが、バルジャンが庇い、病院へ運ぶ。

この一件の後、ジャベールは、バルジャンをパリへ告発していた、と告げる。だが、別人が誤認逮捕され、バルジャンは危機を回避していた。その一方で、無実の他人が身代わりになろうとしていると苦悶し、バルジャンは、法廷に乗り込み、事実を明らかにする。だが、それを法廷は取り合わなかった。

  

ノートルダムの鐘

『ノートルダムの鐘』(ノートルダムのかね、原題: The Hunchback of Notre Dame)は、1996年公開のディズニーの長編アニメーション映画である

あらすじ

15世紀のパリで、最高裁判事であるフロローは、ジプシー狩りを行っていました。

ジプシー狩りに会いながら、逃げ出した女性は、ノートルダム大聖堂に助けを求めにいきますが、大聖堂の前で、フロローにより殺されてしまいます。 フロローは、女性の抱いていた赤ん坊を見つけ、あまりの醜さに井戸に捨てようとします。いざ捨てようとしたところに、司祭が現れます。

司祭は、ジプシーを殺した罪、赤ん坊を殺そうとした罪を咎めます、その赤ん坊をフロローに育てさせます。フロローは赤ん坊を「カジモト」醜いものと名付け、育てます。
20年後、青年となったカジモトは、ノートルダム大聖堂の鐘つき男となります。カジモトは、フロローの教育のもと、20年間大聖堂の中で暮らしてきました。 

ノートルダム大聖堂の鐘つき場で暮らすカジモトの友人は、石像の3体だけです。 フロローの命令により、一度も大聖堂の外には出たことがなく、いつも大聖堂から街を眺めていました。 ある日、街で道化祭りが行われます。それを見ていたカジモトは、石像たちの勧めもあり、フロローの言いつけを破り、祭りに参加します。

一番醜い者を決める祭りで、カジモトは仮面をつけないその姿で、一番醜い者に選ばれます。カジモトのあまりの醜さに、人々は彼を虐めようとしますが、エスメラルダという踊り子のジプシーに庇われます。

カジモトはエスメラルダに一目惚れをしますが、そこへフロローが現れ、カジモトを庇ったことを理由にフロローの怒りを買い、大聖堂へと逃げ込みます。

護衛隊のフィーバスは、エスメラルダを助けようと、大聖堂での逮捕はできないとフロローに進言し、司祭もそう伝えたため、フロローは退散しますが、大聖堂を包囲してしまいます。

しかし、カジモトの助けを借り、エスメラルダは逃走します。 フロローは、エスメラルダに暗く歪んだ恋心を持ちます。

聖母マリアにのみ心を捧げなければならないのに、自分の心を惑わせるエスメラルダは悪魔、魔女であると狂気に取り憑かれていきます。

エスメラルダの逃亡を知ったフロローは、護衛隊を引き連れ、街中を捜索します。 フロローの狂気から、フィーバスはフロローから離反しようとしますが、護衛隊により重傷を負います。 エスメラルダは、重傷のフィーバスを助け、カジモトのもとへと連れてきます。フィーバスを匿ってほしいと頼まれたカジモトは、自室へと運びますが、その最中エスメラルダがフィーバスを愛していることを知り、悲観に暮れます。 エスメラルダが隠れ家へと戻ったあと、フロローがやってきます。カジモトがエスメラルダを手助けしたと考えたフロローは、ジプシーの隠れ家を攻撃すると伝えます。 それを聞いたカジモトとフィーバスは、危険を知らせにジプシーたちのもとへ行きますが。それを尾行していたフロローにより、全員が捕まってしまいます。 カジモトはフロローにより大聖堂に監禁され、エスメラルダは自分の心を惑わす魔女として、火あぶりの刑に処されます。 フロローは、自分の愛を選べば助ける、とエスメラルダに告げますが、拒否をしたため火を放ちます。 そこへ、カジモトが現れ、エスメラルダを助け大聖堂へと逃げ込み、フィーバスとジプシーたちが檻から逃げ出し、護衛隊に襲いかかります。カジモトも、大聖堂の上から応戦をし、石像たちと高熱の鉄を広場へと流していきます。

激怒したフロローは、司祭の静止を振り切り、大聖堂へと踏み込みます。大聖堂から転落しかけたカジモトとエスメラルダを殺そうと、切り掛かりますが、その時フロローの足場が崩れ、転落、高熱の鉄の中へと落ち死んでしまいます。

カジモトを支えていたエスメラルダの手が滑り、落ちそうになりますが、フィーバスに助けられ、カジモトも無事に生還します。戦いが終わり、大聖堂の外へと出ると、大歓声に迎えられ、カジモトも外の世界へと踏み出します。

画像の貼り付け

#ref()

 行頭で #ref を記述するとhttps://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E5%BA%A7%E3%81%AE%E6%80%AA%E4%BA%BA&search.x=1&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=0&oq=ope&at=s&ai=ADNLzS70Q6eoK5BGgtQzbA&ts=5607&fr=top_ga1_sa、指定されたURLにあるファイルへのリンクを貼り付けることができます。ファイルが画像ファイルの場合は、その画像を表示します。

リンク・エイリアス

[[リンク名>URL]]

 行中で、: の前に任意のリンク名を、: の後ろにURLを記述すると、そのリンク名でURLに対するリンクを貼ることができます。


Sample

左寄せ

中寄せ
右寄せ

番号なしリスト

  • 項目1
    • 項目1-2
      • 項目1-2-1
      • 項目1-2-2

番号付きリスト

  1. 項目1
  2. 項目2
    1. 項目2-1
    2. 項目2-2
      1. 項目2-2-3

画像の貼り付け

  • 琉大
    blue-logo2.gif
  • キリ学
    emblem.gif

リンク・エイリアス


メールアドレス等

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-26 (火) 14:27:45 (751d)