SCP
 
 
 
 
We secure. We contain. We protect.

INDEX
 
 

 
 
 

warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning! warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning! warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!

warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning!warning! warning!war■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 
 
 

Welcome

 
 
WARNING: THE FOUNDATION DATABASE IS
CLASSIFIED
ACCESS BY UNAUTHORIZED PERSONNEL IS STRICTLY PROHIBITED PERPETRATORS WILL BE TRACKED, LOCATED, AND DETAINED
 
 

About The SCP Foundation

 
 

Mankind in its present state has been around for a quarter of a million years, yet only the last 4,000 have been of any significance.

So, what did we do for nearly 250,000 years? We huddled in caves and around small fires, fearful of the things that we didn't understand. It was more than explaining why the sun came up, it was the mystery of enormous birds with heads of men and rocks that came to life. So we called them 'gods' and 'demons', begged them to spare us, and prayed for salvation.

In time, their numbers dwindled and ours rose. The world began to make more sense when there were fewer things to fear, yet the unexplained can never truly go away, as if the universe demands the absurd and impossible.

Mankind must not go back to hiding in fear. No one else will protect us, and we must stand up for ourselves.

While the rest of mankind dwells in the light, we must stand in the darkness to fight it, contain it, and shield it from the eyes of the public, so that others may live in a sane and normal world.

scp-logo-signature.png
 
We secure. We contain. We protect.--The Administrator
 
 

 
 
 
LOADING........
Censorship complete.......
Rewrite complete........
Translating pages into Japanese........
 
 
 
 
 
 

SCP財団とは

人類はこれまでにおよそ25万年もの歴史を歩んできた。 しかしその歴史のうち特筆すべきは僅かこの4000年に過ぎない。我々は25万年に渡って何をしていたのか?そのほとんどを、理解の外にあるものを恐れて、洞窟の中で小さな焚火を囲み身を寄せ合って過ごしていたのだ。 何故太陽が昇るのか、それを明らかにすることよりも、岩壁に刻まれた■■を持つ巨大な鳥の■■こそが真に迫るものであった。 そして我々はそのような存在を『■』と、あるいは『■■』と呼び、許しを乞い、救済の祈りを捧げた。

時は流れ、それらは次第に衰え、我々の数は多くに増えた。恐れるものは数を減らし、世界はより理に適ったものへとなり始めた。 しかしそれでも、■■■■■■■は決して消え去りはしなかった。まるで世界が■■■と■■■を必要としているかのように。

 "人類は恐怖から逃げ隠れていた時代に逆戻りしてはならない。" 他に我々を守るものはいない、我々自身が立ち上がらなければならないのだ。

人類が健全で正常な世界で生きていけるように、他の人類が光の中で暮らす間、我々は暗闇の中に立ち、それと戦い、封じ込め、人々の目から遠ざけなければならない。

確保、収容、保護。

— ”管理者”

理念と使命

財団は異常な物品、存在、現象を封じ抑え込むことを任務として、秘密裏かつ世界規模での活動を行っています。 それらの異常存在は世界の安全に対する重大な脅威であり、財団の活動は主要各国の政府から委任され、管轄権を越える権限を認められたものです。

財団の活動は正常性を維持するためのものであり、世界中の一般市民が異常に対する恐怖や疑念を抱くことなく日常を生きることができるよう、地球外、異次元、その他の超常的存在が及ぼす影響からの人類の独立を維持します。

我々の任務は3つの要素から成ります。

確保(Secure)

財団は異常存在が一般市民や対抗組織の手に落ちることを防ぐため、広域に渡る監視活動と通信傍受を通じ、可能な限り早期に異常存在を確保します。

収容(Contain)

財団は異常存在の影響が拡散することを防ぐため、あるいはそれらに関する知識が公衆に流布されるのを防ぎもみ消すため、移送、隠蔽、分解などにより異常存在を収容します。

保護(Protect)

財団は異常存在の影響から人類を保護するとともに、それら異常存在の性質と挙動を完全に理解する、あるいはそれらに基づいた新しい科学的理論が考案される時が来るまで、そうした異常存在を保護します。財団が異常存在の無力化・破壊を行うのは最後の手段であり、その異常存在を収容し続けることがあまりに危険すぎると判断した場合に限られた選択肢です。

 

主要なオブジェクトクラス

 

以下は異常存在に割り当てられる最も一般的なオブジェクトクラスであり、財団のデータベースの大多数を占めています。

Safe

Safeクラスのオブジェクトは、現時点において完璧かつ確実で永続的な収容下にあると十分に判断できるか、あるいは故意に活性化させない限りはその異常な影響が発現しません。「Safe」と分類されてはいますが、しかしこれは対象を取扱ったり動作させた際に危険はないということを意味しません。

職員は特別収容プロトコルの全てを強く認識し続け、安全な取扱い手順を常に順守しなければなりません。

Euclid

Euclidクラスのオブジェクトは性質が十分に解明されていないか、本質的に予測不能である異常存在です。信頼できる収容が常に可能とは限らない一方で、Keter分類に値するほどの脅威を有しません。財団にて収容・管理される異常存在の大多数は、性質が十分に解明されるか再分類に値する危険性を示すまでは、まずEuclidに分類されます。

特に自律性、自我、知性を示す異常存在は、それ自身が思考・活動することにより本質的に予測不可能であるため、通常は少なくともEuclidクラスに分類されます。

Keter

Keterクラスのオブジェクトは財団の職員および人類全てに対する敵対的な脅威をもたらす異常存在で、なおかつ収容のためには広範で複雑な手順を必要とするか、現時点における財団の技術と知識では完全な収容が不可能であるものが該当します。

これらの異常存在は財団の収容においてもっとも危険なものであるとみなされており、すべての研究の努力は、これら異常存在に対してより信頼できる収容を可能とすることを目標とします。あるいは最後の手段として、時機を見て異常な影響を無力化・破壊します。

 


Movie

ここでは映像を中心に財団の活動を見ていきましょう。

ご存知の通り動画は■■■■■■■■■であり削除される可能性があります。 なお、これを閲覧した後に■■■の■■があったとしても当ページでは一切の保証しない。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

■■■■■■です。動画が■■されました?

■■■■■■です。動画が■■されました?

■■■■■■です。動画が■■されました?

■■■■■■です。動画が■■されました。■■、我々の勧告を無視するな。?

SCP Episode1

What's SCP?

架空の団体「SCP財団」。世界の安全保障上脅威となる、特別収容プロトコル(Special Containment Procedures)が必要な異常存在「SCPオブジェクト」の調査、回収、無力化を通じ、人類の独立を保つことを目的とする。

2007年に英語圏の掲示板サイト(超常現象板)で始まった「怖い画像に怖い設定を付与する」という遊びが発端。創作の連鎖からWikiサイト「SCP Foundation」が開設され、ここを本家として非英語圏でも翻訳や創作が拡大中。 確保、収容、保護(Secure,Contain,Protect)こそが財団の理念であり任務である。

一切は、架空でありフィクションである。 ''多分。''

詳しくは-SCP_Foundationまたは-SCPを閲覧されたし。

Collection

  • ■■■■の■■■

    #ref(): Usage:([pagename/]attached-file-name[,parameters, ... ][,title])

  • SCPのマーク
    scp-logo-signature.png

Reference

SCP Episode1

SCP_Foundation

SCP

 

 
■■■■年■■月■■日
■■■-■■■■-■■■■

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-14 (火) 19:30:27 (192d)