ギターの種類
 
 

目 次

エレキギター

エレキギターとは、 ’’弦の振動を電気信号に変換してギターアンプで増幅させて音を出すギター’’ である。

そのエレキギターの中から主な3つのモデルを紹介する。

レスポール

lespaulstandardcs.jpg

レスポールは、アメリカのギブソン社から1952年に発売されたエレキギターの王道モデルである。

重めの重量や、形状の関係で弾きにくく感じる場合もある。 ハムバッカータイプのピックアップによる太くて甘いサウンドが特徴である。
ハイパワーで低音のきいた音が出せるため、ロック、メタル、パンクなどのジャンルで好んで使用される。

ストラトキャスター

fender_013-1000-300d.jpg

アメリカのフェンダー社によって1954年に発売された、レスポールと並ぶ王道モデルである。 レスポールと比べて重量が軽く、持った時のバランスが良い。

使用するピックアップの選択肢が多いため、幅広く、きらびやかなサウンドが特徴。ロック、ポップ、メタルなど幅広く使用される。

テレキャスター

31999.jpg

フェンダー社からストラトキャスターより前の1950年に発売されたモデルである。 ストラトキャスターと比べて、シンプルな構造になっている。

カントリー、ロック、ブルースなどに多く使われるが、パンク系のギタリストにも使用される。
ストラトキャスターと比べ、太くてパワフルなリアピックアップと、マイルドなフロントピックアップのサウンドが特徴である。

アコースティックギター

アコースティックギターとは、 ”電気を使わずに弦の振動を箱型の胴体で増幅させて音を出すギター” である。

そのアコースティックギターから2つのモデルを紹介する。

フォークギター

D-45_x.jpg

フォークギターは、スチール弦を張ったアコースティックギターの一種である。

その名の通りフォークソングをはじめ、ロック、ポップスジャンルを問わず使用される。
見た目の特徴としては、ネックが21フレットで、14フレットでボディと接合されているものが多い。
またピック弾きによる傷を防ぐための、ピックガードが取り付けられているものが多い。

クラシックギター

20120718-jr_130anos.jpg

クラシックギターは、動物の腸などから作られるガット弦や、ナイロン弦を張ったアコースティックギターの一種である。

その名の通りクラッシック音楽をはじめ、ボサノヴァ、タンゴ、フラメンコ、ジャズやカントリーなど幅広いジャンルで使用される。
見た目の特徴としては、ネックは19フレットで、12フレットのところでボディと接合されているものがほとんどである。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-26 (火) 14:27:45 (849d)