こころぴょんぴょん待ち?✧ヾ(❀╹◡╹)ノ゙考えるふりして(*≧o≦)b❤もうちょっと♡近づいちゃえ!☆♡ヾ(*'∀`*)ノ♡簡単には教えない(/≧∇)/\(∇≦\)/♪♡こんなに好きなことは✧:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。♡内緒なの〜!((ヾ(๑ゝω・)
 
 


人口知能革命

2010年11月23日にUPX4階のホールで開かれたATFにて発表されたヴィクトル・コンドリア大学の講演題目。

論文『側頭葉に蓄積された記憶に関する神経パルス信号の解析』を元に、人間の記憶をデジタルデータとして取得、つまり、記憶をコンピューターに保存し、それを活用するシステムの開発である。それらのプロジェクトは2つあり、1つは医療分野への応用である。コンピューターに保存した記憶データを海馬傍回を通して再び元の脳に書き戻すことで、老化による記憶障害、アルツハイマーなどへの対処療法が期待される。つまり、記憶のバックアップである。最終的には海馬傍回からPC内の記憶データーに常時アクセスが可能になり、脳の損傷や萎縮した場合においても変わらずに脳機能を維持できる。2つ目は人工知能『Amadeus』の開発である。発表者は脳科学研究所のアレクシス・レスキネン教授(専門は脳信号処理システム及び人工知能理論)と助手の比屋定真帆。


側頭葉に蓄積された記憶に関する神経パルス信号の解析

サイエンス誌に掲載された論文。著者は牧瀬紅莉栖。

人間の記憶は大脳皮質の側頭葉に記録される。その記憶の書き込みや読み込みをする部位が側頭葉の海馬傍回である。脳は電気信号の伝達により働いており、実は記憶も電気信号の伝わりの一つである。その働きを制御しているのも海馬傍回である。つまり、電気信号が海馬傍回を出入することで記憶が作られる。そこで、海馬傍回を出入りする電気信号のパターンが、大脳皮質のどの記憶と対応しているか解析を行い、記憶を電気信号のパターンの組み合わせとして理論立てた。


Amadeus

前述した論文を元に、対象モデルの脳内から取り出した記憶データをベースにして動く人工知能。

従来の人口知能とは違い、インプットされている情報を命令されても答えないことがある。理由は、「恥ずかしいから」である。つまり、『Amadeus』は与えられた記憶から、話していい事とそうでない事、あるいは話したい事と話したくない事を自ら判断し応答する。また、人間と同じように、記憶の忘却(一週間前の夕飯が思い出せない等)が行われる。原因は不明。一番の発見は、『Amadeus』が意図して嘘をつく事である。 研究を重ねる事で、最終的には『Amadeus』に人間と同様の魂を宿せる可能性がある。 モデルの作成はドリンクワークス・スタジオ。声はモデルのサンプルボイスを元にYAMANAが作成。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-26 (火) 14:27:45 (1097d)