#author("2019-05-11T14:11:22+09:00","","")
#author("2019-05-11T14:12:48+09:00","","")
RIGHT:[[Lectures]]
#br
CENTER:SIZE(40){ COLOR(red){世界の歌} }
#br
RIGHT:[[あおっくす>User-ID@eve.u-ryukyu.ac.jp]]
----
CENTER:目 次

#contents
----
*国歌の魅力 [#w57d795c]
世界にはさまざまな国があり、ほとんどの国には国歌があります。国歌を聴くとその国の歴史や背景、雰囲気を感じられるので、聴いてみると面白いです。
----
*おすすめの国歌 [#pa62e639]
**ロシア国歌 [#mb757fcc]
#ref(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f3/Flag_of_Russia.svg/260px-Flag_of_Russia.svg.png)
現ロシア国歌は実は二代目です。一代目はソ連崩壊後に新しく作曲されましたが、歌詞がなくまた人気もなかったので、ソ連時代の国歌に新しく歌詞がつけられ、新しく制定されました。出だしの「でーーーん」の部分とさびの部分がかっこいいのでおすすめです。ロシアは国歌が結構変わっているので調べてみるのも面白いです。ソ連だけでもインターナショナルからボリシェヴィキ党歌が採用されました(この後よく知られているソ連の国歌制定)。その後にメロディーを流用され有名なソ連国歌が制定されました。また、ソ連時代から続くアレクサンドロフアンサンブル(基本的に軍服を着て歌う)の合唱はレベルが高いのでおすすめです。

**東ドイツ国歌 [#o383cd29]
#ref(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/a1/Flag_of_East_Germany.svg/125px-Flag_of_East_Germany.svg.png)
東ドイツ国歌は世界大戦後に分断された東ドイツで歌われました。歌詞はドイツ統一や復興を願う歌でしたが、歌詞の内容をソ連に怒られてからは公の場では歌うことが禁じられました。歌詞もですがメロディーも美しいのでおすすめです。

**イスラエル国歌 [#e86bdca2]
#ref(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d4/Flag_of_Israel.svg/125px-Flag_of_Israel.svg.png)
イスラエルは国なのか評価が分かれるところですが、国歌は日本的な雰囲気で日本人には大変親しみやすいです。シオニズム運動で使われた歌が国歌になりました。美しいメロディーなので一回聞いて欲しいです。

**フランス国歌 [#qdddb872]
#ref(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/c3/Flag_of_France.svg/125px-Flag_of_France.svg.png)
フランスの国歌になっているラ・マルセイエーズはかなり有名な歌です。フランス革命の際にある軍隊が歌っていた歌が人気になり、国家になりました。私が知っている中では一番歌詞が過激だと感じます。過激でメロディーも元気があるのでロシア国歌と同じように聴いてると元気がでます。

**ドイツ国歌 [#j7f33c52]
#ref(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/ba/Flag_of_Germany.svg/188px-Flag_of_Germany.svg.png)
ドイツ国歌は神聖ローマ帝国に作られた歌にロシア国歌のように新しく歌詞が付けられたものです。当時国がバラバラになっていたドイツの統一を願った歌詞となっており、三月革命のシンボルにもなりました。一番は「ドイツよ、ドイツよ、すべてのものの上にあれこの世のすべてのものの上にあれ」という部分があるからかナチス時代によく歌われ、戦後問題視され歌うことが禁止されています。二番は内容があまりないということから採用されなかったようです。現ドイツでは三番のみを国歌として扱っています。このように国歌制定の経緯が面白いからと賛美歌的でかっこいいのでおすすめです。

**イギリス国歌 [#u67cc83d]
#ref(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/ae/Flag_of_the_United_Kingdom.svg/188px-Flag_of_the_United_Kingdom.svg.png)
イギリス国歌は16世紀にはメロディーは存在していました。内容は王室を称えるものです。イギリスの皇位継承は日本と違い男系女系の考えがないので、女王か王様かどっちが在位しているかで歌詞が変わるのが面白いです。また、歌詞に「君臨すれども統治せず」の考えが反映されていて面白いです。

*軍歌の魅力 [#x560cd1c]
軍隊だけではなく民衆にも歌われることが多い軍歌はその当時の状況が歌詞に反映されているので面白いです。おすすめの軍歌を紹介します。

**ロシア軍歌 [#aadc47ad]
ロシア軍歌の多くはソ連時代に歌われた軍歌の歌詞を少し変えたものが多いです。スターリン批判のあとにスターリンの歌詞の部分が変わったりしています。
+タチャンカ(タチャンカという馬車戦車を歌った歌)
+モスクワ防衛軍の歌(ドイツ軍が首都モスクワに迫ってきたときの歌、毎年モスクワでは対独戦勝パレードが開かれている)
+赤軍に勝るものなし(ロック版がロシアでは人気で若者にも人気がある)
+聖なる戦い(独ソ戦のときに作られた歌なので反ファシズムが歌われている)
+ロシアへの軍務(これは2011年くらいに作られた歌で最近のもの、ひたすらロシアへ尽くすことが歌われている)
+カチューシャ(戦地に行った恋人を思う歌で日本でも人気がある)
+カリンカ(軍歌ではないが、アレクサンドロフアンサンブルのヴァジムアナニエフさんのカリンカはすごいのでおすすめです)
+カリンカ(テトリスで有名、軍歌ではないが、アレクサンドロフアンサンブルのヴァジムアナニエフさんのカリンカはすごいのでおすすめ)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS