RIGHT:[[Lectures]]
#br
#br
CENTER:&size(32){Informatics};
CENTER:&size(32){インフォマティクス};
#br
#br
#br
----
LEFT:''目 次''

#contents
----
*Links [#j9408812]
-https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%9E%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%B9
--
-[[ウィキペディア-インフォマティクス>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%9E%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%B9]]

----
*インフォマティクス [#b7974d2c]
-インフォマティクス(英語:informatics)は、情報処理(information processing)、情報システム(information system)の工学、などを含む分野
-自然物または人工物としての情報の管理、構築、蓄積などを研究対象とし、概念的あるいは理論的な基盤の発達を目的
-コンピュータの発達により、個人的にも組織的にも情報をコンピュータで扱うようになり、現在では主に社会的認知の側面を対象とした情報技術の影響を研究が行なわれている。
#hr
-インフォマティクス(英語:informatics)は、情報学[1]・情報処理・情報システム・情報科学といった分野の周辺ないし関連分野
-自然物または人工物としての情報の管理、構築、蓄積などを研究対象とし、概念的あるいは理論的な基盤の発達を目的
-コンピュータの発達により、個人的にも組織的にも情報をコンピュータで扱うようになり、現在では主に社会的認知の側面を対象とした情報技術の影響を研究が行なわれている。
-またバイオインフォマティクス(bioinformatics)など、インフォマティクスという用語は特殊化された情報の管理やデータ処理、情報知識の統合、概念的または理論的な情報の統合といった事柄を示す。
-情報の数理的性質を扱う情報理論(information theory)が根底にあり、あるいはその応用と考えられる分野とも言える。
-社会に存在する情報の集合や分類、操作、蓄積、検索あるいは拡張性を範囲内に収め、さらに人工知能(artificial intelligence)−コンピュータの知能、学習、適応性を研究する分野−やコンピュータ科学−コンピュータを扱った情報処理、コミュニケーション、計算装置の設計を扱う分野(工学部等の場合には情報工学とも)−とも深く関係している。

----

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS