WirelessLANの基礎


目 次

LINKs


無線LAN 【WLAN】

  • Wireless LAN
  • 無線通信でデータの送受信をするLAN。IEEE 802.11規格等に準拠した機器で構成されるネットワーク。
  • NotePC(無線LANカード等) <--> ベースステーション(中継機器) <--> インターネット
  • NotePC(無線LANカード等) <--> NotePC(無線LANカード等) :PC間の直接通信
  • 伝送速度:11Mbps程度(IEEE 802.11b)
    • 他の電気機器との電波干渉により通信エラー

無線LAN標準規格

IEEE 802.11 

  • アイトリプルイーハチマルニーテンイチイチ
  • IEEE(米国電気電子学会)802委員会が1998年7月に定めた無線LANの標準規格群。
  • 通信速度(チャネルビットレート)
    • IEEE 802.11 :2Mbps(2.4GHz周波数帯)
    • IEEE 802.11a:54Mbps(5.2GHz周波数帯)
    • IEEE 802.11b:11Mbps(2.4GHz周波数帯)

IEEE 802.11a 

  • アイトリプルイーハチマルニーテンイチイチエー
  • IEEE(米国電気電子学会)802委員会が定めた無線LANの規格
  • 通信速度(チャネルビットレート)
    • IEEE 802.11a:36〜54Mbps(5.2GHz周波数帯)
  • 802.11bよりも格段に電力消費の多い802.11a

IEEE 802.11b 

  • アイトリプルイーハチマルニーテンイチイチビー、IEEE 802.11 High-Rate
  • IEEE(米国電気電子学会)802委員会が定めた無線LANの規格
  • 通信速度(チャネルビットレート)
    • IEEE 802.11b:11Mbps(2.4GHz周波数帯)
  • 単に「無線LAN」と言った場合にはこの規格
  • 2.4GHz周波数帯(2.4GHz帯の電波)
    • 電子レンジ、医療用機器、Bluetooth対応製品
    • 電波干渉!
  • 正式には「IEEE 802.11 High-Rate Direct Sequence」。略式で「IEEE 802.11 High-Rate」

IEEE 802.11g 

  • アイトリプルイーハチマルニーテンイチイチジー
  • IEEE(米国電気電子学会)802委員会が2003年6月に策定した無線LANの標準規格
  • 通信速度(チャネルビットレート)
    • IEEE 802.11g:54Mbps(2.4GHz周波数帯)
  • IEEE 802.11bとの互換性
  • 実際の転送速度はIEEE 802.11aよりも遅い

ユーザ認証規格

IEEE 802.1x 

  • アイトリプルイーハチマルニーテンイチエックス
  • LAN内のユーザ認証の方式を定めた規格
  • IEEE 802.11bなどの無線LANでのユーザ認証仕様(有線LANでも可)
  • 通信データの暗号化は行わない

無線LANの識別子&暗号化方式規格

SSID(識別子) 

  • エスエスアイディー (Service Set Identifier)
  • IEEE 802.11シリーズの無線LANにおけるアクセスポイントの識別子
  • 最大32文字までの英数字
  • ネットワーク識別子に拡張したものをESSID(ESSIDの意味でSSIDという語を使う)
  • 無線LANのアクセスポイントと各端末にはSSIDを設定
    • SSIDが一致する端末と通信
    • どのアクセスポイントにも接続できる「ANY」という特殊なSSID
  • ネットワークのユーザ全員が同じログインID/パスワードを共有するようなもの
  • セキュリティ脆弱
  • YBBの最初のSSID = YBBUser

ESSID(識別子) 

  • イーエスエスアイディー (Extended Service Set Identifier)
  • IEEE 802.11シリーズの無線LANにおけるネットワークの識別子
  • 最大32文字までの英数字
  • SSIDを複数のアクセスポイントを設置したネットワークでも使えるよう拡張したもの
  • セキュリティ脆弱

WEP 

  • ウェップ (Wired Equivalent Privacy)
  • 無線通信における暗号化技術
  • 送信されるパケットを暗号化
    • RC4アルゴリズムをベースにした秘密鍵暗号方式
    • IEEE 802.11bのセキュリティシステム
    • 秘密鍵:40bit or 128bit
  • 暗号化技術:低い信頼性

WPA

  • ダブリューピーエー (Wi-Fi Protected Access)
  • 無線LANの業界団体Wi-Fi Allianceが2002年10月に発表した無線LANの暗号化方式の規格
  • WEPの弱点を補強しセキュリティ強度を向上させたもの
    • 従来のSSIDとWEPキーに加えて、ユーザ認証機能
    • 暗号鍵を一定時間毎に自動更新:「TKIP」(Temporal Key Integrity Protocol)暗号化プロトコル
    • 現在市場に流通しているIEEE802.11a/b機器では対応できない
    • 802.11i対応機器が普及するまでの間、サブセットWPA規格が公開
  • Wi-Fi対応機器のドライバやファームウェアの更新で対応
  • 2003年春頃からWi-Fi Allianceによる対応した製品、ドライバ等の準拠認定を開始

WEPに変わる暗号手段、WPAとは?〜IEEE 802.11iとWPA〜

  • 鈴木淳也 2003/6/27

■無線LANとセキュリティ

■IEEE 802.11iの登場

■WPAはIEEE 802.11iのサブセット



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-26 (火) 14:27:45 (1091d)