電子メールのマナー
ネチケット:Netiquette=Network Etiquette
 
 
 

目 次

メールマナーの大原則

「メールは、人と人との文字によるコミュニケーションの手段」

Links

e-メールのマナーとは

 e-Mailを使う上でのマナー…行儀・作法です。ガイドライン(指針、指標)としてとらえるべきネチケット(ネットワーク上でのエチケット)で、他人に強要されるべきでも強要するべきでもありませんが、インターネット社会の今常識として知っておくべきものです。

e-メール仕組み

 e-メールが使えるのは、メールサーバ(POPサーバ or IMAPサーバ、SMTPサーバ)が動いているからです。

  • メール受信:郵便局の私書箱(一ヶ所)
    • POP(Post Office Protocol):サーバにあるメールをパソコン等の端末にダウンロードして、端末上でメールを管理する仕組み(1984〜)
    • IMAP(Internet Message Access Protocol):サーバにあるメールをパソコン等の端末にはダウンロードせず、サーバ上でメールを管理する仕組み(1986〜)、ブラウザから利用できる「ウェブメール」
  • メール送信:郵便ポスト(複数の場所)
    • SMTP(Simple Mail Transfer Protocol):パソコン等の端末から、メールソフトでメールの送信ができる仕組み
  • プロトコル(Protocol):通信規約
    • コンピュータ間のデータのやり取りを定めた規約

CCとBCCの使い分け

 CCとは「Carbon Copy(カーボンコピー)」、BCCとは「Blind Carbon Copy(ブラインドカーボンコピー)」の略です。いずれも宛先と同じようにメールアドレスを入力することによりメールを送信することができます。受信する側にとって、CCのメールアドレスの内容は見えますが、BCCのメールアドレスは見えません。一版敵にBCCには送信者(自分)のメールアドレスを入力し、メールサーバ(POP&SMTPサーバ)が正常に動作しているか、送信したメールが自分宛にも届いていることで確認するために使います。

使ってはいけない文字…機種依存文字

 半角カタカナ、丸数字等は国際的な文字コードとは異なり、機種に依存する文字ですから使ってはいけません。この機種依存文字は、非常識な田舎者として使うのか、常識的な国際人として使わないのか、よく考えてみましょう。

 一般的に使ってもよい全角記号は次のもの

、。,.・:;?!゛゜´`¨^ ̄_ヽヾゝゞ〃仝々〆〇ー―‐
/\〜‖|…‥‘’“”()〔〕[]{}〈〉《》「」『』【】
+−±×÷=≠<>≦≧∞∴♂♀°′″℃¥$¢£%#&*@§
☆★○●◎◇◆□■△▲▽▼※〒→←↑↓ 

メールの書き方

 学ぶときには常識に捕らわれない自由な考えでよいのですが、「常識的に守った方がよいこと」が社会生活には多々あります。メールの書き方もそうです。

  • タイトル(件名)は本文の内容を簡単にまとめた言葉で
  • 最初に名乗ること
  • 1行の文字数は全角35文字(半角70文字)程度以内に
  • 機種依存文字は使わない
  • 本分はできるだけ簡潔に書く
  • HTMLメールは使わない(2008年現在)
  • 署名を必ず書くこと
  • 引用返信メールの注意
    • 返信時に元メールを全文引用するのは避けること
    • 何に対する返信なのか、明確に解るように
    • 必要な部分のみを引用し、メールの内容が無駄にならないように
  • 添付ファイルに注意
    • 相手が読める形式であるのか
    • 容量は大丈夫か
  • メーリングリストに注意
    • 誰宛に書いているのか意識する
    • 個人情報は十二分に慎重に取り扱うこと
  • 送信する前に、宛先アドレス、件名、本分の再確認を
  • BCCの設定で、送信できたか確認
  • 返信の必要なメールは、すぐに返信すること
    • 「メールの返信がすぐ来る人」= 信頼できる人
  • 携帯メールとの使い分けを意識すること

諸々

  1. 携帯メールとPCメールは違います。
  2. メールは郵便葉書と同じようなものだが、メールは誰もが配達できる。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-10 (木) 14:09:09 (7d)